loco-net.jp<千葉県/

千葉県/loco-net.jp

千葉県

千葉県議会ホームページ



ウィキペディア参照
千葉県(ちばけん)は、日本の関東地方の南東側、東京都の東方に位置する県。県庁所在地は千葉市。都道府県人口・都道府県人口密度・都道府県昼間人口はいずれも全国6位、面積は全国28位(南関東1都3県では最大)である。


千葉県は、関東地方の南東部に位置する県で、房総三国、すなわち律令制以来の上総国・安房国・下総国から成り立つ。但し、下総国のうち、猿島郡・結城郡・豊田郡の三郡と相馬郡・葛飾郡二郡中の一部は、茨城県に、葛飾郡の一部は、それぞれ、東京都と埼玉県に編入されている。1873年(明治6年)6月15日に、北部の印旛県と南部の木更津県が合併し、千葉県が成立した。その後、1875年5月7日に新治県の利根川以南の領域を編入、同時に旧印旛県の利根川以北の領域を茨城県に移して現在の県域がほぼ完成した。

三方を海に囲まれ、県土の大部分が房総半島に含まれる。起伏の少ない県であり、関東平野の一部である北部は、海岸(東京湾・太平洋)や河川(利根川・江戸川など)沿いの低地と下総台地とからなる。南部側は丘陵地帯だが、標高329mの鋸山や鹿野山など、観光地化されているところも多い。最高峰は標高408mの愛宕山であり、全都道府県のうち最高峰(点)が最も低い。

平地の割合が大きく、可住地面積が広いことや、東京都に隣接しており首都圏の一角をなすことなどから、古くから住宅開発が進んでいる。人口は県北西部で特に稠密である一方、東部や中南部では多くの地域で人口の減少が進んでおり、一部の市町は過疎地域に指定されている。浦安市から富津市までの東京湾沿岸には広大な埋立地が広がり、京葉工業地域の中枢として市原市の石油化学コンビナートや千葉市と君津市の製鉄所などが立地している。一方、地勢を生かした農漁業も盛んに行われており、農業産出額、漁業総生産量とも全国で有数である。